蚊はどうやって人の居場所を知るのか

暑くなると、何処からともなく蚊がやって来ます。
今までに、耳元で突然プーンという羽音が聞こえたり、ふと自分の腕を見たら蚊が止まったりしていたことが何度もありました。
一体どうやって蚊は人の居場所を知ることができるのか疑問に思ったので、調べました。

蚊は、肌から出る水分、呼吸によって排出される二酸化炭素、そして皮脂と高い体温を感知して寄って来るそうです。
例えば運動して汗をかいたときなどは、蚊に刺されやすくなります。
ですから、蚊が寄ってこないようにするためには、蚊が感知するものを減らすことが大切です。

これまでを思い返すと、汗をかいたときに蚊に刺される確率が高かったような気がします。
蚊の生態が良く分かったので、今後は汗をかいたら早めに拭くなどの対策を立てようと思います。

Posted on 24 9月 '14 by , under nocategory.